2010年4月20日火曜日

話のネタに

 
先日、職安から電話がかかってきた。
「給付金の申請の書類に添付する顔写真を、一枚余分にいただいているのでお返ししましょうか?」と。
私は、「使わなかった方はシュレッダーにかけるなりして、処分して下さい」と伝えておいた。

ところが今日、丁寧に余った一枚が郵送されてきた。


私が顔写真を一枚余分に添付したのには理由があった。
写真を撮ったのが剃髪後だったため、一枚はスキンヘッド。しかし職安の窓口に行く時は、寒かったので、ショートボブのヅラを被っていた。だからもう一枚は「被りもの」着用。
こういう時は正直、どちらの写真を使うべきか、非常に迷う。まぁ好きな方を使ってもらって、窓口の職員同志で、ランチタイムの話のネタにでもして貰えたら楽しめるだろうと。

そう。職業訓練校の入校式の時も、同様に迷った。
案内されるまま格式ばった入校式の会場に案内され、「被りもの」を取るチャンスがないまま、式が進行した。
季節柄じきに暖かくなるから、いずれ取るヅラなので隠すつもりはないけれど、式の最中に取ると不謹慎なような、かといって、「被りもの」を取らないのも不謹慎なような。

今日、職安から送り返された写真は、スキンヘッドの方だった。給付金の申請用には「被りもの」の方を使用したらしい。
それはそれでなんだか、飾り気の無い生身の自分自身を全否定されているような気がして、淋しい気がした。
ていうか、どっちの写真を使ったのかがわかるんだから、返してくるのも逆に失礼な。
なにまさか、わざわざ返すのも話のネタのためにと、あちらが気を使ってくれたのだろうか。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿