2010年5月14日金曜日

回遊性とモノローグ

 
 店長ブログ更新しました→続きは(こちら


「回遊性」。
小売りの店舗作りについて教科書を読んでいると、そんな言葉が出てきた。
多くの人が無意識に、左側に遮蔽物、右に開放空間を選ぶため、時計回りの「の」の字の順路に歩いていくのだとか。これを「回遊性」と呼ぶらしい。


7年前、チベットに行った。
チベットで「右回りは縁起が良い」らしい。寺院を廻る時も、マニ車を回すときも、全部右回りにするようにと教えられた。これをチベット語で「コルラ」と言うのだそうな。
逆に「左回り」に寺院やマニ車を回るとどうなのか、ガイドさんに訊くと「それは良くない」とのこと。
右回りで積んだ功徳が無くなってしまうから、やっぱり間違って左に回ってしまった時は、その倍、右に回った方がいいのだろう。

私はチベットから帰ってきた後、寺でも神社でも、ありがたそうな場所はみな「コルラ」で参拝していた。
というか、上の「回遊性」が本当ならば、特に考えなくても、自然に「右回り」を選んで、何気に功徳を積んでしまうということになる。


チベット。7年前、思えばそんな遠くへよくぞ行ってきた。
「一回の旅は一年分のリハビリに相当する」と、早朝のラジオで聴いた。とても頷ける。
随分長い間、遠くを旅行していない。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿