2010年7月1日木曜日

雨女

 
駅から学校まで、バスを使わずにレンサイクルを使うようにしている。
このレンタサイクルの店番がJRの天下りなんだろう、どいつもこいつも仏頂面で不機嫌で偉そうで役人臭くていただけない。
こんな客商売もロクにできないようなオッさんたちがいつまでこのように、向いてもいない、できもしない仕事の席に居座り続けるのだろう。

ところで、私は雨女らしい。
にわか雨の予報の日に土砂降りで、運悪く自転車を借りて大変な思いをした。
二度とそんな思いはしたくないので、少しでも雨の予報があれば、自転車を借りずにバスで行くようにしている。
しかし、私がバスに乗った日に限って雨は降らない。
更には、自宅の最寄り駅に到着した途端、雷が鳴り、大粒の雨が降りはじめる。

このところ、私は常にズブ濡れになっている気がする。
それでもふと、大粒の雨を降らす曇天から光が射す空が、とても美しかったりする。

「♪天使が降りてきそうなほど…」。でも『ベルベット・イースター』は4月の歌。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿