2010年7月29日木曜日

リュックサックを前に掛けることについて

 
どうしてリュックサックは背中に背負わなければならないのか。だからといって、片方の肩にかけると体幹が崩れやすい。

思うに、リュックサックは明らかに、背中よりも前に掛けた方が、機能的で便利だ。
これは通学時に自分でやっていて、気づいた。

荷物が背中側にあると、死角だから何かを盗られて気づかないこともあるかもしれない。
ちょっとモノを取り出したい時に、わざわざ背中から降ろさなければならない。
急いで全力疾走しようという時、背中側に荷物を背負っていると、荷物に後ろに引っ張られるから、前に荷物があるより走りにくい。
ランドセルのように荷物を背負った方が、姿勢がよくなるという人がいるが、そんなことはないだろう。後ろに引っ張られるから体自体は前傾しようとするので、むしろ猫背になるのでは。
それか、荷物を背負うことは姿勢にとって大した意味は無いのかもしれない。多分、姿勢の善し悪しは「心がけ」の方が大事だ。

リュックサックを前に抱えると、わざわざ降ろさなくても中のモノを取り出せる。
首から袈裟のように掛けるタイプのカバンだと、首一点で重さを支えるから首が凝るけれど、リュックサックのように両肩に掛かるようにすると、重さが分散されて楽だ。
また、前に引っ張られる力で、自分の体はむしろ後ろに引こうとするから、むしろこちらの方が姿勢が良くなるように思う。
更に、私のリュックサックはモノを入れると、重さはちょうど体の中心・丹田にくるから、重さを感じない上、体幹も崩れにくい。

と、このようにリュックサックを前に掛けるようなスタイルが、世の中に定着してもいいと思う。
ただ、「妊婦さんみたい」と言われたから、何かもっとお洒落めにならんか。そのデザインを誰か企画して、商品を流通させて欲しいものだ。(私は言うだけでやらない。ただ、ここにしたためておいて、いつかこのスタイルが世の中に定着した時にほくそ笑みたいだけである。)

と、さも自信たっぷりに革新的な意見を吹聴していると、私がボインではないことがバレてしまうのだ。
ボインの子は、ボインを抱えているのでその上荷物まで前に抱えるのはかなわん、と言う。
しかし、ボインの子は大抵姿勢が良いことを考えると、やはり荷物は前にある方が、姿勢にはいいのではないか。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿