2011年1月16日日曜日

ブラジェアー(乳押へ)

 
 店長ブログを更新しました。→こちら(
 
「ブラ」「ブラジャー」「作り方」などの検索ワードで、このブログにお越しの皆様、お待たせいたしました。

近所の男女共同参画センターの図書室の蔵書からコピーした資料の中に、戦後すぐの「ブラジェアー」の型紙と作り方の資料があります。
右の上図は昭和22年の、下図はその2年後の『主婦の友』に掲載されたもの。パッドつき、パッドなしの二種類ございます。何かのお役に立つことがあれば嬉しうございます。

昭和20年代前半、敗戦のためでしょう、「洋裁人口が爆発的に増え、洋裁学校への入学者が急増した…」とあります。当時は大勢が「乳押さえ」「乳房バンド」「ブラジェアー」などを自分で作っておられたのでしょう。(あるいは必要としなかった人も今より多かったのではと想像します。)

現在ある様々なブラジャーは、このようなところからディテールが進化してきていると思われます。
昭和22年7月号
昭和24年5月号
おまけ。右、ボインダーみたいですな。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿