2011年1月31日月曜日

先頃Twitterで吊るし上げられたことの総括

  
前回

いい大人が寄ってたかって大人気ない。
Twitterをしていると、繊維業界の人から仲良しグループでグルになって、筋違いに勝手に腹を立てられた。

あれで業界の裏事情が見えただって・・・。救いようなし。
自分が知らないことを他人に聞く時は謙虚に、というのが基本だと思うけど、そうじゃない人もいるんだな。本人があとで困ると思って、厳しく言ったのに・・・。全然、分かってない。
こちらは、全国の縫製工場を敵に回すようなことを言うのを止めたかったんだけど、本人は完全に誤解していましたね。ああいう人もいるんですね、ということ・・・。

さも「あなたのため」のような言い訳をしなくても、ただ嫌い、ムカついた、それだけが理由であることぐらい、私も社会経験の豊富な、いい大人なのでわかる。

手前の失礼さを棚に上げて、相手に対して先に「失礼な!」と言ってしまえば、相手を「失礼な人」に仕立て上げてしまえる。卑怯な人間というのは、割りにそういうことをして、人を陥れていくものなのだと、つまらんことを学習してしまう。
しかし、何も知らずにいて後からわかるよりも、早めにわかると思えば、SNSも便利なツールだといえる。

こういう時に思うのは、こちらが実名顔写真公開で、向こうが匿名だということですね。…インターネットの顔の見えない世界だと、普段以上に横柄な人もいますし…。難しいですよね。

頼みもしないのに、見たくもない、知りたくもない本名と実名を出している人は、勘違いが甚だしい。顔を出そうが実名を出そうが、ネットは「顔が見えない」ものだという認識が無い。
もう5年以上も同じHNでブログをして、MixiやFacebookも公開している私の方が、ニワカな顔出し実名よりも、発言に責任を持っていると思うのだが、過去ログのすべてを遡るほどの暇も無いだろうから、どれだけ出すものを出そうと所詮「顔が見えない」「正体はわからない」ものなのだ。

顔が見えないということは、良くも悪くも、これだけ相手を軽んじるということだ。

その認識の甘さで、いい年齢の大の大人がやれECだSNSだ金儲けだ、ネットでつながろうなどと踊りくるって、この人たちは大丈夫なのだろうか。
利用する側がこんなことだから、私のように、良し悪しが受け取り方次第であることを知っている者ならともかく、恐らくこれは、殊に情報弱者や未成年の子どものネット使用に対して、大の大人が善処できるとは思えないモラルの無さだ。ネットが危険であることには変わりない。

名の通った企業のエラい人が実名と顔写真を出していたとしても、だからといってそれが「安全」であることにはならない。彼らの方が「わかっていない」ということも、往々にしてある。
実名と顔写真を晒しているから責任のある言動ができる、なんてのも、おかしな話で、いっそ実名と顔写真を晒さなければ責任のある言動ができないような者に、言葉を学習させてはならない、もしくはネットのようなコミュニケーションツールを扱わせてはならない。私はこの度はそのぐらい強烈に痛感した。


Twitterで吊るし上げられている私を気遣ってくださった、私のフォロアーさんたちに、改めて感謝を申し上げたい。

私を知らない人に何を言われようと「仕方が無い」とはいえ、ほぼ名誉毀損といっても過言ではないようなことを、ツィート上に放置されたまま、言われっぱなしでの放置は気持ち悪いので、手を打たねばならなかった。ここにそれを総括しておく。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿